花婿のお色直し

最近、ウェディングのカタログ製作に携わる機会があった。上質で優美なホワイトシルク、慎ましさに華やぎを添えるフラワーモチーフ、繊細なシャンティレースやエンブロイダリーレース…ドレスの豊富さに加えて、ダイヤモンドを散りばめたティアラや可憐なサテンリボンをあしらったボンネなど、多種多彩なアクセサリーたち。

花嫁だけに許されたロマンティックでフェミニンな世界は、傍から眺めているだけでも幸せな気持ちで満たしてくれる。近年は、結婚式を挙げないカップルも増えていると聞くが、「やっぱりいいものだなぁ」としみじみ思いながら、言葉を綴っていた。

花婿の装いも、近ごろは格段に進化しているようだ。厳粛なムードの挙式は、テールコートをはじめ、ピークドラペルやショールラペルスーツなど、男の品格を引き立てるシャープなシルエットが、今もスタンダード。上質な素材であること、真っ白なウィングカラーのダブルカフスシャツと蝶タイはマストだが、例えば、ラペルのパイピングやベスト、カフスといったさりげない部分に“サムシング・ブルー”を取り入れるなど、ほんのちょっとのこだわりが、全体の印象を大きく変えることをこの度知った。凛々しさに華やかさがプラスされて、より主役らしくなるのだ。

「この習慣が、日本の花婿にもっと広まるといいな」と思ったのは、お色直し。「恥ずかしいからやめておく」とか「着替えはいいや。だって、男だし」などという人もいるが、「本当にそれでいいんですか?」と世話を焼きたくなってしまう。だって、一生に一度のハレの日である。二次会、三次会と続くなら、たとえ日付が変わっても、宴が終わるその時まではずっと主役でいれるのに。

何度も主役と繰り返すのは、遠慮がちな装いの花婿をこれまでたくさん見てきたから。ドラマティックな花嫁の装いに対して、あまりにも控えめな格好(または着替えなし)だと、二人のバランスがどうにもよろしくない。いわゆる“尻にしかれた夫”(未来像)をイメージさせるのだ。実際は違ったとしても。むろん、花嫁をエスコートする役目も担っているが、本当のエスコート役(付添人)として見られるのは、花婿の本意ではないだろう。

お色直しに話を戻そう。パーティなどの場では、もっとはじけていいのだ。花嫁がルビーレッドのカラードレスに着替えたなら、スーツの裏地やポケットチーフ、蝶タイに同じ色を取り入れるなど、ペアコーディネートを楽しむのもひとつ。あるいは、グレー・チェックのスリーピースやモード感あふれるセットアップなど、新しいスタイルにトライしてみるのもアリだ。特定の色や柄について、「似合わない」と思っているのは案外自分だけで、着てみたらキマるケースは多々ある。結婚の予定がある方は、遊び心を装いにぜひ取り入れてみていただきたい。ただし、大人の男ならではの遊び心で!

PROFILEプロフィール

岸 由利子 ー Yuriko Kishi著述家・画家

英国ロンドン・セントラルセントーマーチン美術大学FDM(ファッションデザイン・ウィズ・マーケティング科 学士号<Bachelor of Arts>)卒業。在学中、スーツの聖地・サヴィル・ロウ1番地「ギーブス&ホークス」で日本人女性として、約2年半に渡る異例のテーラリング修行を伝授。帰国後、ブランド「マルコマルカ」を創立し、東京コレクションにて最年少女性デザイナーとしてデビュー。ファッション界で活躍したのち、文筆業に転身。オーダースーツや腕時計などのファッション・芸術・文化などの分野で執筆する。近年の共著に「人を引きよせる天才 田中角栄」「先生が教えてくれなかった 大日本帝国」「武士道の極意に触れる流派から学ぶ日本の礎」(いずれも笠倉出版社)、スイスの高級メンズ腕時計を特集した「腕時計ライフ」(玄光社)などがある。
Facebook:https://www.facebook.com/yurikokishi.wwl
Instagram:http://instagram.com/kishiyuriko

岸由利子

COLUMN ARCHIVES