ジャケットのディテール

カジュアル化が進む社会でジャケットも仕事着として通用します。

 ジャケットやスーツの背中の裾には「ベント」という切込みがあるものが多いですが、元々、上着には切込みがありませんでした。しかし、英国で貴族の嗜みとして乗馬が発達し、馬に乗るときに着まわしやすいように「ベント」を入れました。最初はセンターに1本いれて「センターベント」に。やがて両脇に2本入れるようになり「サイドベンツ」ができました。ちなみに、乗馬は外で行うものですから、外出用のジャケットには「ベント」があっても構いませんが、フォーマルな上着にはベントは入りません。タキシードなどに「ベント」がないのはそのためです。同じように、ジャケットの脇ポケットで斜めに付いた「スラントポケット」もハッキングジャケットといわれる乗馬するときに手がいれやすいようにとわざと斜めに付けたのです。

Knowledge01

センターベント

切込みがスーツのセブ中央に、一本だけ入っているもの。もっともオーソドックスな型といえる。

Knowledge02

サイドベンツ

ブリティッシュモデルに多い型。ダブルブレステッドタイプでは一般的だが、シングルタイプにもよく採用される。

Knowledge03

ノーベント

背部の切込みがないものは「ノ―ベント」と呼ばれる。モードタイプのジャケットに多く見られる仕様。

Knowledge04

ウエルトポケット

胸ポケットの定番ともいえるのがこのデザイン。帯状の切りポケットで箱ポケットともいわれている。

Knowledge05

パッチポケット

貼りつけ式ポケットの総称。これにフラップ(蓋)が付くと、「パッチ&フラップポケット」と呼ばれる。

Knowledge06

玉縁ポケット

切り口を玉縁布の端を(バイヤス地で細くくるむ方式)で仕上げたもの。「パイピングポケット」も同義語。


STYLE KNOWLEDGE ARCHIVES