ブラック&ブラウンにもチャレンジ

徐々に浸透してきた黒ブラウンスーツは少々手強い相手です。

 昔ならば黒のスーツは冠婚葬祭用と決まっていたものですが、モードのスーツ流行から、ブラックスーツもベーシックカラーとして定着し始めました。当初は全身黒ずくめという感じでみなさんコーディネイトされていたかと思いますが、それではあまりに画一的に見えます。ネイビースーツと同じ感覚で着るといいでしょう。一方、茶系のスーツはやはり上級者向けの色です。全体のカラートーンを統一するような感覚でまとめると、失敗が少ないと思います。

※掲載画像は、全て参考商品です。

Knowledge01 赤のネクタイでインパクトあるスタイルを

アメリカの政治家たちが演説などで強烈なイメージを相手に残そうとするときに、組み合わせるタイがこのような赤のタイです。自然と視線をネクタイに集めてくれる効果があります。ビジネスのプレゼンテーションなどにブラックスーツを着ていく場合は、こんなタイを選んでください。

Knowledge02 モノトーンでまとめてもストライプタイをアクセントに

モード的にスーツをコーディネイトするならば、ネクタイも黒のソリッドで、というところでしょうが、ネクタイを白×黒のストライプタイにして、Vゾーンを明るくする。初心者が黒のスーツを着る時には、こんな組み合わせを心がけましょう。

Knowledge03 大人の色香が演出できるブラウンスーツ

茶系のスーツを選ぶ際には、まずはこのようなダークな色目がいいでしょう。コーディネイトも全体を同系の茶でまとめると、シックな感じに仕上がります。もちろん合わせる靴も茶で。ビジネスでは表革を。スエード靴をノータイで着こなせば、洒落た休日着に変身します。

Knowledge04 暖かみとトレンドを感じさせるコーディネイト

ブラウンスーツで、Vゾーンにアクセントをつくりたいという場合は、赤からワイン系をベースしたアイテムがいいでしょう。ここでは茶と赤を組み合わせたストライプタイをコーディネイトしてみましたが、手強いブラウンスーツも、フレッシュなイメージに仕上がりました。


KNOWLEDGE ARCHIVES