ネイビー色のジャケットを基本に

どんなシーンにもマッチし、ドレスにもカジュアルにも使える万能選手。それがネイビージャケットです。

 ジャケットを1枚だけ選ばなければならないとしたら、紺色=ネイビーのジャケットを選ぶべきです。ドレスアップにもカジュアルに着回すこともできる“使い出”があるアイテムで、紺という色が醸し出す品のよさは好感度を確実にアップさせます。着る人を選ばず、年齢を問わず、着こなすことができるネイビージャケット。スーツと同じような感覚で着られるので、ジャケットに入門したてのビギナーにも抵抗感なく着こなせるはずです。

※掲載画像は、全て参考商品です。

Knowledge01 ネイビーブレザーとグレーパンツは、
ジャケットの定石

メタルボタンが付いたネイビーブレザーとグレーのドレスパンツの組み合わせは、ジャケットの王道的なコーディネイトです。ワイドカラーのシャツにプリントタイを合わせて、全体をクラシックな雰囲気にまとめれば、ビジネスシーンにも活用可能な着こなしになります。

Knowledge02 チェックのジャケットもネイビーベースならば
品のよさが際立ちます

無地のネイビージャケットの着こなしに慣れたら、次は柄物に挑戦です。同じネイビーベースならば、それほど違和感なく着られます。古典柄のグレンチェックもネイビーですとスポーティに見えますが、クラシックなクレリックシャツを合わせると、気品が漂うノーブルな雰囲気になります。

Knowledge03 ネイビー×ブラウンはネイビー上級者向けの
コーディネイト

ネイビー×グレーが王道の組み合わせならば、ネイビー×ブラウンは、上級者向けのカラーコーディネイトです。イタリア人などが好む組み合わせで、Vゾーンやポケットチーフを同色系でまとめると、全体がシックなイメージになります。ジャケットのネイビーも色目を少し落とすと、ブラウンとの相性がさらにアップします。


KNOWLEDGE ARCHIVES