ジャケットこそ、色で遊ぶ

ジャケットを着るシーンはさまざま。目的に応じて、ジャケットも使い分けを。

 スーツとジャケットの大きな違いは、色にあります。ジャケットの場合、色で全体を表現できるのが特徴です。ビジネスシーンを中心に考えるのならば、王道のネイビー以外に、黒やベージュなどのシックな色目がおすすめです。逆に、ジャケットを主役にした着こなしを、というのでしたら、カラフルなジャケットに挑戦するというのもいいでしょう。その場合は、組み合わせるアイテムの色は抑えめに。これが大人の洒脱さを損なわないポイントです。

※掲載画像は、全て参考商品です。

Knowledge01 黒のジャケットはあえてコントラストを付けて着こなす

ネイビー、グレーに続いて、テーラードウエアの定番色となったブラック。もちろんジャケットでもブラックは応用範囲の広い色ですが、ジャケットで着こなす場合は、スーツと違って、上下の色目のコントラストを付けた方がフレッシュな印象に仕上がります。茶系のネクタイがエレガントさをさらに醸し出してくれるはずです。

Knowledge02 全体の色目を統一してシックな着こなしを

茶系でまとめたコーディネイトです。ソフトさを感じさせるベージュのジャケットに同系色のシャツとストライプタイをセレクト。ボトムスにも茶系の千鳥格子のパンツを。胸元にはアクセントになるような濃色のポケットチーフで立体感を出す。スーツライクな組み合わせですので、誰でもすぐにチャレンジすることができます。

Knowledge03 “遊び”を演出するには
インパクトがあるカラフルジャケットを

イタリアなどの男性がよく着こなしているのがカラフルな色目のジャケットです。大人がこのようなジャケットを着ていると、「余裕」が感じられて、しゃれた雰囲気に見えるものです。休日や旅行用はもちろん、会う相手に印象を残す必要があるシチュエーションでは、このタイプのジャケットを選ぶのもいいかと思います。


KNOWLEDGE ARCHIVES