自分でできる簡単アイロン術  JACKET編

プレスがきちんとかかったスーツは何倍もよく見えます。

 きちんとしたハンガーにかけてスーツを保管すれば、シワになることはありませんが、それでも着用している内にシワが付いてしまうことはあるものです。特にズボンの場合は、日常使用でもシワが入り、クリースなどが取れてしまうことがあります。これらのプレスをプロに任せるのもいいですが、毎日、アイロンをかけてやるだけでも、十分再生できます。慣れれば、時間もかかわらず、キリッとしたスーツスタイルが毎日、味わえます。
「JACKET」
ジャケットの手入れはクリーニングに出してしまう方も多いはずです。しかし、必ずしもクリーニングに出していれば安心というわけではありません。業務用のスーツ型プレス機にかけられると、せっかくの立体的なスーツが台無しになってしまうこともあります。ポイントを押さえれば、自分でジャケットにアイロンがけすることも十分可能です。

Knowledge01

家庭では、業務用のような湾曲したアイロン台を用意するのは難しい。そこで活躍するのがタオルを丸めたもの。内側に差し込みます。

Knowledge02

アイロンは押し付けるのではなく、重さを利用してシワの部分に置いていくように。ハンカチなどであて布をすることも忘れずに。

Knowledge03

ラペルはアイロン台の端のカーブを利用すると便利です。平らな部分におくと立体的なラインを壊してしまうので、注意が必要です。

Knowledge04

ラペルの部分が美しく仕上がりました。肩に手を入れ軽く光にあてるなどして、シワが残っていないかチェックしましょう。

Knowledge05

いつの間にかポケットのフラップが跳ねていたり、折れ曲がっていることもしばしば。目につきやすい部分なので、念入りに手入れしましょう。

Knowledge06

ラペルと同じようにアイロン台の端を使います。折り目の跡が、頑固な場合は、たまにスチームなどで一旦蒸気を当ててやりましょう。

Knowledge07

頑固な折り目が見事に消えました。スチームは色々な場面で使えます。うまくシワがとれないときは、力まかせにプレスせずスチームを。

Knowledge08

ベントは平らな部分に置いてあて布の上から。あて布をする理由は、直接プレスして生地の起毛を潰してしまわないようにするためです。


KNOWLEDGE ARCHIVES