自分でできる簡単アイロン術  TROUSERS編

プレスがきちんとかかったスーツは何倍もよく見えます。

TROUSERS -スラックス編 -
パンツはまっすぐなように見えて、実はわずかに坂反りした形状になっています。上半身よりも下半身の方が可動範囲が大きい分シワになりやすく、クリースの位置を決めるのも難しい。やはり正しいアイロンがけの方法がわかれば効率よく美しく仕上るのです。

Knowledge01

まず、パンツは基本的に股下をメインにかけることを覚えましょう。ちょうどジッパーの下あたりから裾までを見ていきます。

Knowledge02

パンツのアイロンがけで肝と言えるのが、外側と内側の縫い目を合わせることです。合わせたらそのままアイロン台へ寝かせます。

Knowledge03

あて布をプレスしていきます。やはり力で押しつぶすのではなく、軽く置いていくようにしてまんべんなくかけていきます。

Knowledge04

膝の部分はあて布の上から膝の頂点を中心にアイロンで扇形を描くように動かし、徐々に中心に向かって追い込んでいきます。

Knowledge05

表側をかけ終えて裏返してみると裏地に不必要なプレス跡がついてしまいました。これでは表にシワが映って見えることがあります。

Knowledge06

そんなときは、裏地だけアイロン台に乗せて直接プレスして修正していきます。これで表側をもう一度確認して大丈夫なら完成です。


KNOWLEDGE ARCHIVES