ジャケットで会社に行けますか

カジュアル化が進む社会でジャケットも仕事着として通用します。

高温多湿な日本の夏に生活するビジネスマンのために、2005年、時の小池百合子環境大臣によって提唱されたクールビズ(coolとbusinessからの造語)は、ノーネクタイ、ノージャケットのビジネススタイルで一大ブームとなり、その影響が今でも続いています。昔なら、ビジネスマンはみなスーツ姿と決まっていましたが、IT企業などでは服装規定=ドレスコードなども個人の裁量に任される場合も多く、毎日、スーツで会社に行かなくても許されるようになったのが昨今です。
その昔、カジュアルフライデーといって、週末はカジュアルで会社に行こうと提唱されたとき、カジュアルな着こなしを知らない年輩の方は、何を着ていくべきかわからずに、スウェットシャッツや妙にカジュアルなスタイルで会社に出掛けてしまいました。いくらカジュアルでいいといっても、ビジネスシーン、特に重要な人と会う場合、ジャケットは着ていくべきです。これは常識というより、マナーといえます。社会人の着こなしはTPO(Time,Place,Occasion)が重要です。カジュアルでも、着るべきシーンによって、使い分けないと、「空気の読めない人」に見られてしまうかもしれません。
 しかし、スーツに比べて、組み合わせるアイテム数が増える分、着こなしが難しくなるのも事実です。まずは無地のブレザーやジャケットなどで、コーディネイト術を学ばれることをおすすめします。着こなしもスーツに近い、例えば、ブレザーにウーツのパンツといった、スーツを着る気分に近いもの。それから徐々にカジュアルな要素を増やしていけば、会社で異分子に見られることはないと思います。

Knowledge01

ジャケットはビジカジの基本アイテム

ブラックかネイビーのジャケットは、オールマイティに活躍可能なアイテムです。カジュアルではもちろんのこと、ビジネススタイルでも十分使えます。ウールパンツを合わせて、ネクタイをすれば、仕事着に。少しカジュアルな装いが許される場面でも、ジャケットを着ているだけで、上品さが相手に伝わります。

Knowledge02

同系色のコーディネイトでスーツライクな着こなしを

単品ジャケットをビジネスウエアとして着こなすときには、オーソドックスなカラーリングのものを選ぶべきでしょう。無地か、柄がある場合はウインドペーンか千鳥格子などのトランディショナルなものを。上下同系色でまとめるとオーソドックスに、上下のトーンを変えると、アクティブに見せることができます。


KNOWLEDGE ARCHIVES