2003 D'URBAN is the elegance of
modern men.

2000年、ダーバンは久しぶりに外国人俳優をブランドのイメージキャラクターに起用した。ハリウッドスター、ノーマン・リーダス。当時『処刑人』『ブレイド2』等の作品に出演、またプラダのモデルも務めるなど、映画界を超えて注目を集めていた俳優だ。甘いマスク、時折見せる屈折した表情など、顔立ちこそ違えどアラン・ドロンと共通したムードを漂わせていた。 ※写真左

2003年にはTVCMも放映。かつての名台詞“D'URBAN C'est L'elegance de l'homme moderne.”も、昔より若々しい声で復活した。

処刑人     発売中
DVD¥1,886(税抜)/Blu-ray¥2,381(税抜)
発売・販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
© 1999 South Boondock Productions, Inc. All Rights Reserved.

2003 for ATHLETE

日本人としての誇りを胸に様々な国際大会で世界と戦う日本代表選手たちが身に纏うオフィシャルウェアに、なぜ日本のナショナルブランドが少ないのか。長年忸怩たる思いを抱き続けていたダーバンは、2003年、満を持してラグビーワールドカップ日本代表のオフィシャルスーツサプライヤーに名乗りを上げた。これまで扱った一般的体型とは全く異なるアスリート特有のボディにフィットし、なおかつ日本代表としての品格を表現する。困難な課題をクリアしたスーツを身につけた選手たちは、ひときわ堂々として見えた。

2006 REBOOT

1970年のデビュー以来、ダーバンの運営母体は株式会社ダーバンだった。同じ名を冠するブランドと企業。常に「コインの裏表」として共に走り続けてきたダーバンは、この時大きな転機を迎える。
2004年、株式会社ダーバンと株式会社レナウン(当時)との経営統合・持株会社設立に続き、2006年、持株会社に吸収される形で両社が合併。社名は、改めてレナウンとなった。
そしてダーバンの新たなストーリーが始まった。